庭を改造するならガーデニングをやってみよう

様々な品種を比較|バラを育てるコツと下準備

植物の新鮮さを見極める

花

植物や花を育てる場合、健康で新鮮なことが重要になってきます。特のバラは繊細なので、見極めることが大事です。例えば、がくの部分を見て新鮮さを見極めることも可能です。

もっと見る

苗を植え替える

庭

園芸コーナーでも、常に高い人気をほこっているのがバラです。大輪の花を咲かせ、あたり一面に芳醇な香りを漂わせてくれます。昆虫ばかりでなく、人間も虜にしてしまう魅力があります。世界各国で品種改良されているので、バラと一言で言っても様々な種類が存在しています。ガーデニングで新たにバラを育てたい、そのような場合は苗から育てることをオススメします。苗の状態であれば、種から育てるよりも開花の確立が高くなりますし、初心者でもチャレンジしやすいでしょう。

苗は通販サイトから購入できるので、お気に入りの品種を見つけたら購入してみましょう。苗が届いたら、さっそく植え替え作業を行ないましょう。鉢に入れたままだと、根がつまって育成に支障をきたしてしまう恐れもあるので、ゆっくりと出して根をほぐしていきましょう。この時、鉢から出ている部分はカットして整えても問題ありません。下から上の方向に沿って土をほぐし、根を開放していきます。ハサミを使って、十字に土をほぐすとより綺麗にバラの根がほぐれます。綺麗にほぐした後は、大きめの鉢に植え替えて肥料や水をかけておきましょう。この時に、苗に対して土は盛りすぎないようにすることが大事です。水やりも、気候や温度によって調節することが大事です。初心者の方は、専門サイトのガイドラインを見ながら、管理方法を勉強しておきましょう。専門サイトに掲載されている情報が役立つので、定期的にチェックしておくことをおすすめします。

消毒でうどん粉病予防

じょうろ

数多く存在する花の中でも、常に高い人気をほこるバラは、繊細な性質のため時に病気になってしまうことがあります。綺麗な花を咲かせたい場合は、適切な消毒を行ない管理する必要があります。

もっと見る

害虫発生をコントロール

バラ

綺麗な赤いバラを庭先で育てたい、そのような方は多いのですが害虫がつきやすいと躊躇してしまうことも多いようです。植物を育てる上で、害虫の発生は完全に防ぐことは難しいですが、ある程度コントロールすることは可能です。

もっと見る