害虫発生をコントロール|様々な品種を比較|バラを育てるコツと下準備
カップル

様々な品種を比較|バラを育てるコツと下準備

害虫発生をコントロール

バラ

ガーデニングが趣味という方の中には、バラを育ててみたいと思うものの、害虫の存在が気になって躊躇してしまうということもあるでしょう。害虫の発生は、季節や気温の変化で自然発生してしまうので、完全に防ぐことが不可能です。しかし、普段から適切な管理を行ない、バラを害虫の被害から守ることは可能です。

バラを好む害虫にはいくつかの種類があり、主にアブラムシやハダニ、その他には成虫よりも幼虫が多くなっています。害虫を見かけたら、基本的に殺虫剤の散布や農薬を使用する方が多いでしょうが、水で処理することも可能です。この方法は、ハダニの撃退に効果を発揮されます。勢いの強い霧吹きを応用して、葉の表面にいるハダニに向けて噴射します。バラ本体への影響もない方法なので、安全に害虫撃退が行なえます。ハンドクリーナーで物理的に吸い取る方法もありますが、ある程度大きさのある害虫の除去にしか使えないので、いくつかの方法と合わせて行ないましょう。

害虫の他に、バラの育成で気をつけるべき点は、日照不足や酸素不足などがあげられます。土地柄や気候、温度を考慮して日照時間を調節することが、バラの成長を左右します。また、土の張り方もこまめに調整し、地中内の酸素量を増やすことが大事です。水や肥料は少なすぎても、多すぎても成長に影響を及ぼすので、迷った時は専門家に見てもらうことも大事です。園芸コーナーやサークルに参加して、管理方法を学ぶこともできますし、セミナーで楽しくガーデニングを学ぶこともできます。